自分へのご褒美をしたい時に

大きな仕事が一つ終わった時、終わらなくても途中経過の中で大きな山を越え凄く頑張った時、そんな日常のイベントを終えた時は、自分へのご褒美って大切だなと思います。それは、次へ続けるため。
ずっと買いたいものがあって、迷っていた時はそう言うものを買うきっかけにします。
ところが、そう言うものがないタイミングの時は、エステに行くことに決めています。
エステは受けている時も気持いいし、終わった後もお肌にハリつやが戻って気分的にもとても気持がいいからです。
とても、ご褒美って感じがするのです。
受けているとき、プロのエステシシャンに丁寧にマッサージしていただいている時は、人として大切に扱われているような至福感を感じます。もちろん、皮膚に受ける刺激も気持ちいいのですが、ゆったりと触れてもらえるその感覚がお姫様気分で幸せに慣れるのです。
また、女性ですから、施術後に自分がいつもよりきれいに見えるって幸せに感じます。
ほんのちょっとの変化でも、自分自身にはよく分かります。鏡に映る自分の顔色がいつもより明るかったり、口角がいつもより上がっているように思える、そう言うことが気持を明るくしてくれるのです。
心と身体、両方に作用する、それがエステだなんて最近思ったりして、だからこそ、ここぞって時はエステに行くのです。