成長期の子供と定期健診

子どもの歯について反省させられた出来事がありました。
子どもがお世話になっているその歯科では予防に力を入れていて、虫歯の治療が済んでからも、定期的に歯磨きとフッソを塗りに通うことを勧めています。
子どもの事なので、多少の出費は必要経費と割り切って続けていましたが、ある頃からか虫歯もなく通うのが面倒になってきて、1年ほど行かなかった時期がありました。
ちょうど歯の生え変わり始めるころで、前歯2本が抜けた後、変な向きに永久歯が生えてきたように感じました。
気になったので、歯科医師会主催の無料の歯科検診に連れて行くと、「少し生え方が変だが、生えそろってみないとわからない。生えそろても気になるようなら、矯正歯科に連れて行ってください」と言われました。
それから半年ほど、ずっと気にはなっていたのですが、放って置きました。
すっかり生えそろった前歯は、変なふうに生えてしまっていました。
久しぶりにお世話になっていた歯科に連れて行くと、「ここまでになると矯正が必要。もっと早く連れてきてくれれば」と言われました。
それ以来2年半がたちますが、まだ矯正中。
矯正には、多額の費用と長い年月が必要です。
子どもも今では器具や不快感に慣れましたが、最初は痛がったり嫌がったりしました。
間をあけず、定期健診・フッソ塗布にきちんと通い続けていたら、経過をわかっていてもらえたし、もっと早くに手が打てたかも、と思うと、今でも後悔します。