気を遣ってくれた審美歯科の歯医者さん

かつて、かなり頻繁に歯医者に行っていた時期がありました。
中学生のときです。歯の矯正・審美治療をしていたため、少なくとも月に一度は歯医者に行かざるを得ませんでした。
今ではかなり人気の審美歯科 安いha-pika 審美歯科相談センターに通ってました。自分が望んでしたことではなく、そして歯医者でされる審美治療も到底好きになれるものではなかったために、わたしは歯医者が大嫌いでした。
いつも歯医者に行く日になると、部屋にこもって出て行かず、親に迷惑を掛ける、そんな子どもでした。
「自分の意思ではない」というところと「行く意味がわからない」という部分がかなり大きかったように思います。
今歯医者に行けと言われたら、あまり気乗りはしないものの素直に行きます。
やはり子どもだったが故のわがままなのだなと、ふと思い出します。

しかし、そんな歯医者も嫌なことばかりではありませんでした。
わたしが渋々訪れていることを分かっている歯医者さんは、わたしの緊張、
不安、なんとも言えない怒りを察して、甘い歯磨き粉で歯を磨いてくれました。
心の底からモヤモヤしているときに、この歯磨き粉の発揮する力はとても強いものでした。
そんなに歯医者も悪くはないかな…と毎回わたしに思わせてくれたのです。
おかげで、歯医者に対しての思い出が、嫌なものばかりではなくなりました。