美容皮膚科で施術された後はダウンタイムに注意

美容皮膚科では、女性が悩みがちなシミ、シワ、顔のたるみなどを効果的に解消する治療を提供しています。
短期間で若返りを図れるので高い需要がありますが、治療を受ける際はダウンタイムを考慮する必要があります。
そもそも美容皮膚科にはレーザーや注射等を使った施術が多く、術後に皮膚の赤み、内出血、腫れなどの症状が出るものです。
これらの症状が完全に回復するまでの期間のことをダウンタイムといいます。
ダウンタイムの際は、症状をさらに悪化させないために日常生活における注意点があります。
まず、レーザーや光による治療を受けた際は、外出時に直射日光に当たらない事が大事です。というのも、術後の肌はデリケートな為、紫外線を受けると色素沈着を起こしやすくなるからです。
なので、日焼け止めを使用したり、帽子や日傘で紫外線を防御する必要があります。
それと、治療後は肌が極端に乾燥しやすくなっているので、いつも以上に保湿を心がけることが大事です。